ホーム > 製品情報 > 実験研究用機器 > 研究開発用オゾン発生器

製品情報

tel:026-63-0120
  • 製品動画
  • 生産終了製品のご案内

コトヒラ工業総合衛生機器カタログ2016~vol.2が発刊されました
ダウンロードはこちらから

展示会情報

幕張どてらい市
会期:2017年02月25日(土) ~ 2017年02月26日(日)
時間:10:00 ~ 17:30
※26日のみ ~17:00
会場:幕張メッセ 国際展示場
出展内容:溶接ヒュームコレクター、作業台用集塵機、オイルミストコレクター
東北どてらい市
会期:2017年04月08日(土) ~ 2017年04月09(日)
時間:10:00 ~ 17:30
※26日のみ ~17:00
会場:夢メッセみやぎ
出展内容:溶接ヒュームコレクター、作業台用集塵機、オイルミストコレクター
FOOMA JAPAN 2017 国際食品工業展
FOOMA JAPAN 2017 国際食品工業展
会期:2017年06月13日(火) ~ 2017年06月16(金)
時間:10:00 ~ 17:00
会場:東京ビッグサイト 東ホール
出展内容:電解次亜水生成装置、台車キャスター洗浄装置、靴底乾燥機、半自動手袋装着機(ファン仕様)など

リンク(賛助会員)

JEWA 日本電解水教会
FOOMA 日本食品機械工業会

研究開発用オゾン発生器

デジタル流量計を搭載し、より正確な濃度調整が可能

特徴

  1. シンプルな操作…オゾン発生量は酸素流量と電流値で調整可能です
  2. 広範囲な流量に対応…デジタル流量計を採用することで正確で広範囲(1.0~10L/min)な流量調整が可能です
  3. 豊富なラインナップ…発生量別に3機種のラインナップを取り揃え、最適なオゾン濃度を提供します
  4. 空冷式でコンパクト…水冷式と比較して移動、設置が容易です
  5. 安全機能の充実…酸素流量が低下した時は自動停止。アフターブロー機能で本装置、配管の残オゾンガスを酸素で排気します

主な用途

精密部品洗浄、材料の表面処理、有機物質の処理、水処理 など多方面でお使い頂けます

操作部

製品仕様

外観
型式 KQS-050(5g/h) KQS-090(9g/h) KQS-120(12g/h)
オゾン発生方法 無声放電式
電源 AC100V(50Hz/60Hz)
定格消費電力 65W 125W 180W
定格電流 0.9A 1.8A 2.6A
原料ガス 酸素ボンベ(酸素濃度90%以上)
酸素流量 1~10L/min
仕様圧力 0.10~0.12MPa
ポンプ 内蔵していません
使用環境条件 気温5~35℃ 湿度30~80%R.H.以内(結露なきこと)
発生量レンジ 0.5~6.0 g/h 1.0~12.0 g/h 1.0~17.0 g/h
オゾン発生量(酸素5.0L/min)※1 5.0 g/h 9.0 g/h 12.0 g/h
最大オゾン発生量(酸素流量10.0L/min)※1 6.0 g/h 12.0 g/h 17.0 g/h
最大オゾン濃度(酸素流量1.0L/min)※1 50 g/Nm³ 55 g/Nm³ 60 g/Nm³
外形寸法(mm) W172×D532×H180 W303×D532×H180 W440×D532×H180
質量 約8.0kg 約13.0kg 約17.0kg

※1オゾン発生量は周囲温度25℃、湿度45%時での参考値です。オゾンは周囲温度、湿度や原料酸素ガスの条件により大きく変化します。
より正確な濃度、発生量が必要な場合はオゾンモニタでの測定をお勧めします。

実験研究用機器の詳細お問い合わせ、カタログ請求はこちらからどうぞ。
TEL0268-63-0120

ページ先頭へ戻る