ホーム > 製品情報 > 電解次亜水生成装置 > 弱酸性次亜機能水生成器

製品情報

tel:026-63-0120
  • 製品動画
  • 生産終了製品のご案内

2016 コトヒラ工業総合衛生機器カタログが発刊されました
ダウンロードはこちらから

展示会情報

フードセーフティジャパン(FSJ) 2016
フードセーフティジャパン(FSJ) 2016に出展します
9/28(水)~30(金)
東京ビッグサイト 東ホール
小間番号:F36
電解次亜水生成装置など
カット野菜除菌・脱水システムの展示(田中機工㈱と共同出展)。
またスプレー式次亜塩素酸電解水生成器、半自動手袋装着機、台車キャスター洗浄装置を展示予定
第28回 日本国際工作機械見本市
第28回 日本国際工作機械見本市に出展します
11/17(木)~22(火)
東京ビッグサイト 西4ホール
小間番号:W4084
溶接ヒュームコレクター、作業台用集塵機、オイルミストコレクター、バグフィルタ式集塵機を展示予定
中小企業 新ものづくり・新サービス展
中小企業 新ものづくり・新サービス展
11/30(水)~ 12/2(金)
東京ビッグサイト 東7・8ホール
電解次亜水生成装置を展示予定
諏訪圏工業メッセ2016
諏訪圏工業メッセ2016
10/13(木)~10/15(土)
諏訪湖畔 諏訪湖イベントホール
(旧東洋バルブ株式会社 諏訪工場跡地内)
大型製缶加工のPR

リンク(賛助会員)

JEWA 日本電解水教会
FOOMA 日本食品機械工業会

弱酸性次亜機能水生成器

多くの除菌剤の主成分として用いられる次亜塩素酸ナトリウムがベースの除菌剤を生成する装置です

次亜塩素酸ナトリウム希釈液(2.75%)にpHコントロール用塩酸希釈液(2.2%)を加え、次亜塩素酸の含有率を高めることにより、最大限の除菌力を確保しました。低濃度でも除菌力の強い次亜機能水で徹底した衛生管理が可能となります

特徴

  1. コンパクトな卓上使用タイプです
  2. 次亜塩素酸濃度60、120、180ppmを任意設定可能。目的・用途に合わせての利用が可能です
  3. 生成水のpHは5~7の弱酸性で低濃度でも強い除菌力です
  4. 5ℓ 毎生成します。5、10、15、20ℓ の連続生成運転も可能です
  5. 薬剤カセット方式です。N液(次亜塩素酸ナトリウム2.75%)1ℓ で60ppmの場合、400ℓ 採取可能です。H液(希塩酸2.2%)も同様です。N液ボトルはUVカットの素材を使用しています
  6. N液、H液の回路を極力分離し、安全性を確保しています

仕様

生成容量 5ℓ/2分 5ℓ毎生成
濃度 塩素濃度 60、120、180ppm任意設定
生成水pH pH5~7
生成方式 5ℓ毎、薬剤調合方式
寸法 W400xD400xH460mm
質量 28㎏
1ℓ生成時コスト 約7円
電源 AC100V(50/60Hz)
消費電力 50W
給水 水道水0.15~0.75MPa 給水ホース付属
排水口 内径ⵁ8ホース 1m付属
排水 ⵁ8ホース 1m付属
ドレン ⵁ12ホース 1m付属

消耗品

N液 1ℓ ボトル(発注単位:6ケ/箱)
H液 1ℓ ボトル(発注単位:6ケ/箱)

試験液の生菌数測定結果

試験菌 試験液 生菌数(ml)
開始時 ※1 1分後 3分後
大腸菌 次亜機能水 2.4X10⁵ <10 <10
精製水 2.4X10⁵ *** ***
緑膿菌 次亜機能水 1.3X10⁵ <10 <10
精製水 1.3X10⁵ *** ***
黄色ブドウ球菌 次亜機能水 5.1X10⁵ <10 <10
精製水 5.1X10⁵ *** ***
MRSA 次亜機能水 2.0X10⁵ <10 <10
精製水 2.0X10⁵ *** ***

試験液に細菌の菌液を添加、混合後、20℃で1、3及び5分間作用後に試験液の生菌数を測定した。
作用温度:30℃  <10:検出せず  ***:実施せず

※1:菌液添加直後の対照の生菌数を測定し、開始時とした。次亜機能水:有効塩素26ppm、pH6.6(21℃)

※ネコカリシウイルス(ノロウイルス):99.9%抑制

※インフルエンザウイルスA型:短時間で不活化

電解水関連機器の詳細お問い合わせ、カタログ請求はこちらからどうぞ。
TEL0268-63-0120

ページ先頭へ戻る