ホーム > 製品情報 > 電解次亜水生成装置

製品情報

tel:026-63-0120
  • 製品動画
  • 生産終了製品のご案内

コトヒラ工業総合衛生機器カタログ2016~vol.2が発刊されました
ダウンロードはこちらから

展示会情報

幕張どてらい市
会期:2017年02月25日(土) ~ 2017年02月26日(日)
時間:10:00 ~ 17:30
※26日のみ ~17:00
会場:幕張メッセ 国際展示場
出展内容:溶接ヒュームコレクター、作業台用集塵機、オイルミストコレクター
東北どてらい市
会期:2017年04月08日(土) ~ 2017年04月09(日)
時間:10:00 ~ 17:30
※26日のみ ~17:00
会場:夢メッセみやぎ
出展内容:溶接ヒュームコレクター、作業台用集塵機、オイルミストコレクター
FOOMA JAPAN 2017 国際食品工業展
FOOMA JAPAN 2017 国際食品工業展
会期:2017年06月13日(火) ~ 2017年06月16(金)
時間:10:00 ~ 17:00
会場:東京ビッグサイト 東ホール
出展内容:電解次亜水生成装置、台車キャスター洗浄装置、靴底乾燥機、半自動手袋装着機(ファン仕様)など

リンク(賛助会員)

JEWA 日本電解水教会
FOOMA 日本食品機械工業会

電解次亜水生成装置 大型・中型タイプ

食品工場の食中毒対策、衛生管理に最適!
簡単設置・操作で、安定濃度・大容量供給が可能です

大型タイプ(生産量40t/日)

中型タイプ(生産量20t/日)

・コンパクト設計で省スペースです。
・蛇口5~6分の接続が可能です。

生成量100t/日以上の大容量タイプも特注対応にて承ります。
詳しくはお問い合わせください!

電解次亜水とは?

<水道水+食塩+単相100V電源>

食塩水を電気分解することにより生成される「次亜塩素酸ナトリウム」を主成分する弱アルカリ性の除菌・洗浄水です。

<食品添加物 認定水>

電解次亜水は「次亜塩素酸ナトリウム」を希釈したものと同等であるとして厚生労働省より食品添加物に指定されています。

性能

1日数トン~数十トンの大量で安定した濃度の電解次亜水が、水道水・食塩・電源があれば簡単に生成可能です

  1. 生成量…大型タイプ(KEC-P01)は約40t/日。30ppm時生成量=約100L/分、食塩1kgで約15t生成可能です。(中型タイプ(KEC-M01)は約20t/日)
  2. 濃度…30~70ppm。安定した濃度供給が可能です。
  3. ランニングコスト…1リットルあたりわずか0.3円(70ppm使用時)と低ランニングコストです。消費電力も470wと他社製品と比較して省エネです。

特徴

  1. 簡単設置…左右どちらからも配管が可能で、設置が容易です。
  2. 簡単操作…タッチパネル式で簡単操作(ロック機能搭載により、管理者以外の操作防止)
  3. 管理…オプションの外部入出力端子で他装置との連動や運転データの取り出しも可能です。タッチパネルは電解水残量などは見やすい表示で、早めに予告警報ブザーを鳴らします。
  4. 錆び防止…食塩タンクは本体と別置きのため、食塩の投入がしやすく、装置を塩害から防ぎます。また装置内部も結露しにくい構造です。
  5. 他社製“大型”タイプとの比較…複雑な配管作業が無く(水道水と直結で食塩を投入するだけ)、また省スペースでローコストです、さらに消費電力が少なく省エネです。
  6. 他社製“小型”タイプとの比較…大量の電解次亜水の生成が可能です。

使用用途

食材・環境に優しい電解次亜水は、様々な分野や用途に「除菌・消臭・漂白・洗浄」の用途でお使いいただけます

<使用用途>

  • 野菜、果実洗浄
  • 魚介類洗浄
  • 肉(鶏肉・ホルモン)洗浄
  • 調理器具洗浄(包丁・まな板等)
  • 衛生管理(食中毒対策)手指、布巾、タオル、白衣、エプロン、長靴
  • 清掃(食品機器、作業台、床、側溝、壁)

<具体的な使用例>

  • カット野菜工場、漬物工場などの野菜洗浄
  • 豆腐工場の浸漬水
  • スーパーマーケットのバックヤード、PCセンター
  • 食品工場、惣菜工場の食材洗浄、工場内洗浄
  • 海水、井戸水の除菌
  • 水産加工工場の鮮魚加工(マグロ工場など)
  • 精肉加工工場、鶏肉加工工場の衛生管理
  • セントラルキッチン
  • プール、温泉施設(塩素のかわりに使えます)

次亜塩素酸ナトリウムとの違い、電解次亜水のメリット

  電解次亜水 次亜塩素酸ナトリウム 微酸性次亜塩素酸水
➀ランニングコスト  食塩、水道代、電気代のみ
(本体装置の初期投資はかかる)
× 高価な次亜塩素酸ナトリウム × 高価な希塩酸を使用
(本体装置が高価)
➁濃度  スイッチを入れるだけで常に安定 × 人による希釈作業によりバラツキがある  スイッチを入れるだけで常に安定
➂操作性  スイッチを入れるだけ × 手が掛かる希釈作業  スイッチを入れるだけ
➃安全性 △ 低濃度での使用時はpHがほぼ中性で、手荒れの心配もほとんどなし × 酸化力が強く、目に入ったり、皮膚に付着すると危険  口から摂取したり目などに入らないように留意する必要もない
➄除菌力  即効性がある。次亜塩素酸の割合大きい  5~10分以上の浸漬が必要  比較的低い有効塩素濃度でも短時間で除菌効果を示す
➅臭い  軽い塩素臭 × 強い塩素臭  軽い塩素臭
➆環境負荷  食塩、水、電気のみ。薬剤不要 × 薬剤 × 薬剤
➇食品添加物  次亜塩素酸ナトリウムの希釈液として認可  認可  認可

電解次亜水の除菌効果

試験液1ml当たりの生菌数測定結果

  生菌数(/ml)
試験菌 開始時 15秒後
大腸菌 3.7×105 10以下
黄色ブドウ球菌 1.3×104 10以下
腸炎ビブリオ 3.0×102 10以下
緑膿菌 7.9×102 10以下
サルモネラ菌 6.1×104 10以下

わずか15秒の洗浄でも各、食中毒菌に対して優れた除菌効果を発揮!

有効成分とpHの関係(表)

製品仕様

品名 電解次亜水生成装置
型式 KEC-P01 KEC-M01
筐体サイズ(mm) 900×600×1350
(突出部含まず)
550×550×1300
(突出部含まず)
重量 約113kg(乾燥時) 約82kg(乾燥時)
電源 AC100V(50/60Hz)
定格消費電力 約470W 約220W
使用環境温度 5~35℃
使用環境湿度 30~85%RH
筐体 外装 SUS304 HL
内装 SUS304 ♯400 SUS304
給水 水質 上水水質基準適合(硬度 100ppm以下)
圧力 0.15~0.3MPa
水温 5~30℃
次亜希釈水 濃度 10~200ppm 10~100ppm
次亜希釈水 生成量 10~100L/min(40ppm時) 5~40L/min(40ppm時)
10~50L/min(80ppm時) 5~20L/min(80ppm時)
次亜希釈水 連続運転時間 約300min(40ppm、100L/min時) 約320min(40ppm、40L/min時)
PH 7.5以上 7.5以上(給水PH7以上にて)
次亜発生 原料 食塩(塩化ナトリウム99%以上)
原料 最大投入量 25kg
原料 消費量 0.1g/L 以下
次亜水タンク容量 100L 50L
食塩水タンク容量 100L 20L
給水口・排水口径 30A 20A
ガス排気口径 13A
ドレン φ8
メンテナンス(電解槽) 9000H
オプション 酸添加ユニット 酸添加ユニット、外部出力等

注記

  • 食品添加物としてご使用いただけます。
  • 供給する水質:硬度<100ppm、PH>7とし、硬度>100ppmの場合は、軟水装置などを、PH>7の場合は酸添加ユニットをご利用ください。
  • ご使用前に必ず有効塩素濃度をご確認ください。
  • 電解次亜水は生成後速やかにご使用ください。
  • 飲用または容器充填での転売用としてはご利用できません。
  • 本製品は医療器具ではありません。
  • ご使用にあたり、食品添加物製造業の届出は不要です。
  • 電解次亜水で洗浄した器具は水道水で濯いでください。錆びやその他不具合の原因となります。
  • 電解槽、ポンプ等は消耗品です。一定期間における交換が必要となります。

電解水関連機器の詳細お問い合わせ、カタログ請求はこちらからどうぞ。
TEL0268-63-0120

ページ先頭へ戻る