ホーム > 製品情報 > バイオトイレ > 安全性について-コトヒラ工業の環境対応製品「B-eat」について

製品情報

tel:026-63-0120
  • 製品動画
  • 生産終了製品のご案内

コトヒラ工業総合衛生機器カタログ2016~vol.2が発刊されました
ダウンロードはこちらから

展示会情報

幕張どてらい市
会期:2017年02月25日(土) ~ 2017年02月26日(日)
時間:10:00 ~ 17:30
※26日のみ ~17:00
会場:幕張メッセ 国際展示場
出展内容:溶接ヒュームコレクター、作業台用集塵機、オイルミストコレクター
東北どてらい市
会期:2017年04月08日(土) ~ 2017年04月09(日)
時間:10:00 ~ 17:30
※26日のみ ~17:00
会場:夢メッセみやぎ
出展内容:溶接ヒュームコレクター、作業台用集塵機、オイルミストコレクター
FOOMA JAPAN 2017 国際食品工業展
FOOMA JAPAN 2017 国際食品工業展
会期:2017年06月13日(火) ~ 2017年06月16(金)
時間:10:00 ~ 17:00
会場:東京ビッグサイト 東ホール
出展内容:電解次亜水生成装置、台車キャスター洗浄装置、靴底乾燥機、半自動手袋装着機(ファン仕様)など

リンク(賛助会員)

JEWA 日本電解水教会
FOOMA 日本食品機械工業会

コトヒラ工業の環境対応製品「B-eat」について

バイオトイレ「B-eat」は耐塩菌の働きで糞尿を安全に処理します。

バイオトイレ「B-eat」の特徴

 コトヒラ工業製バイオトイレ「B-eat」は、水を使わずに、微生物の力で排泄物を処理します。「B-eat」では、特殊な微生物を処理槽内に添加することなく、槽内の環境(温度、水分含率、塩濃度、攪拌による酸素の供給など)をコントロールすることにより、安全で、分解に最適な処理微生物群を層内に出現させ保持し、悪臭の原因の一つである嫌気発酵を抑えます。

有効な微生物群

バイオトイレ「B-eat」の処理槽には、漬物やキムチの中にも存在する耐塩性のグラム陽性菌(桿菌・球菌・放線菌)が存在します。この微生物群の働きにより排泄物は短時間のうちに二酸化炭素と水に分解されます。

槽内から単離された微生物の電子顕微鏡写真

「B-eat」に含まれる微生物群のDNA解析

安全性

バイオトイレ「B-eat」の処理槽内では尿中に含まれる塩分が濃縮され、耐塩性のグラム陽性菌が優先種となります。また、「B-eat」独自の制御方法により、処理槽内の水分含率を適切に保ち、病原性グラム陰性細菌の増殖を抑えます。このため、「B-eat」はより衛生的です。

新しいバイオチップ

分解が進んだバイオチップ

共同研究について

群馬大学ファイブロバイオプロセス工学研究会(GFBPS)

GFBPSロゴGFBPSは群馬大学の研究ポテンシャルを地域に還元することを目的にしています。GFBPSでは、繊維(ファイブロ)と生物(バイオ)を核として、高分子科学、微生物学、遺伝子工学、環境工学、食品学、薬学など多岐にわたる分野を研究対象にしています。GFBPSでは、研究シーズ(種子)の育成とともに、企業と大学間での共同商品開発にも取り組んでいます。

研究会へのお問い合わせは、kkasuya@chem-bio.gunma-u.ac.jpまでお願いいたします。
http://www.tech.gunma-u.ac.jp/FibroBioProcess/#home

バイオトイレB-eatの詳細お問い合わせ、カタログ請求はこちらからどうぞ。
TEL0268-63-0120

関連リンク

販売代理店募集

弊社製品の販売代理店を募集しています

ページ先頭へ戻る