ホーム > 会社情報 > 会社沿革

会社沿革

1940年(昭和15年) 東京都五反田においてコトヒラ製作所を創業。軍事用金属加工品を製作。
1945年(昭和20年) 戦争の激化に伴い長野県上田市へ工場疎開。コトヒラ工業株式会社を設立。資本金18万円
1960年(昭和35年) 上田市大屋に新工場建設。
1969年(昭和44年) 工場誘致により東部町(現在の東御市)に東部工場を開設。
1971年(昭和46年) ユニットバスパネルの製造を開始。資本金を2250万円に増資。
1984年(昭和59年) 本社所在地を上田市大屋から東部町に移転。メカニカルがコトヒラグループに入る。
資本金を4000万円に増資。
1987年(昭和62年) ユニットバスパネル専用工場として佐久工場を開設。
1992年(平成4年) 佐久工場増設。一貫生産ラインの完成。
1994年(平成6年) 研究開発部門の増強を図りテクニカル棟の新築。
1997年(平成9年) ISO9001認証取得。
2000年(平成12年) ISO14001認証取得。
2003年(平成15年) 日本品質奨励賞受賞。
ページ先頭へ戻る